左坊のメモ帳

WordPress など

*

WordPressアップデートの自動と手動の違いと更新通知メール設定方法

      2018/08/20

「アップデートしてください」「アップデートしました」メール

WordPressのシステム管理者のメールアドレス宛に届く、アップデート更新通知。

内容は、「アップデートしてください」「アップデートしました」の2種類なのですが、なぜ「してください」「しました」の2つがあるのか、その違いを紹介します。

スポンサーリンク

アップデートの種類と方法

早速ですが、Wordpressで必要なアップデートの種類と方法と通知方法です。

更新対象 更新方法 更新通知
WP本体(メジャーアップデート) 手動 管理者へメール通知
WP本体(マイナーアップデート) 自動 管理者へメール通知
プラグイン 手動 管理画面
テーマ 手動 管理画面

Wordpree本体のアップデート

WordPress本体のアップデートには、

  • メジャーアップデート
  • マイナーアップデート

の2種類があります。

WordPressのメジャーアップデートとは

WordPressのバージョンが4.9.8だとすると、最初の2つの数字(4.9.8)が変わるのが「メジャーアップデート」です。

メジャーアップデートでは、大きな仕様変更があるため、念のため手動でアップデートしてください、という理由で「手動」になっています。

WordPressのマイナーアップデートとは

マイナーアップデートは、バージョンの数字の3つ目(4.9.8)が変わるアップデートです。

マイナーアップデートでは、セキュリティパッチやバグ修正などの更新がされます。

マイナーならアップデートしなくてもいいのかな、という感じがしますが、その逆で、セキュリティパッチなどの大事なアップデートなので、Wordpressインストール後の初期設定で「自動更新」になっています。

WP本体のアップデートについては、初期設定で、管理者メールアドレスに更新通知メールが送信されるようになっています。

≫Wordpressの手動アップデート方法

プラグインのアップデート

プラグインのアップデートは全て「手動」です。

管理画面にログインすると、こんな感じで更新通知が表示されます。

WP本体、プラグイン、テーマの全ての更新の表示はこちら。
※WP本体、プラグイン、テーマの全ての更新の表示。

プラグインの更新の表示はこちら。
※プラグインの更新の表示。

プラグインの更新通知メールは、Wordpress標準機能としてはありません。
必要であればプラグインなどを利用します。(プラグインの紹介は後ほど)

テーマのアップデート

テーマのアップデートも全て「手動」です。

更新通知もプラグイン同様です。

テーマの更新がある場合、この中に含まれます。
※WP本体、プラグイン、テーマの全ての更新の表示。

プラグインとテーマのアップデートの通知メール設定方法

「SiteGuard WP Plugin」というプラグインを使います。

インストール、有効化すると、アップデート更新通知が初期設定で「on」になっていますので、そのままでOKです。

「SiteGuard WP Plugin」はセキュリティプラグインなので、その他の設定もしておいたほうがよいです。

≫SiteGuardの設定方法はこちら

 - WordPress