左坊のメモ帳

WordPress など

*

VirtualboxをWindows10Proにインストールした時のメモ

      2017/07/22

すでにHyper-VとDocker for Windowsが動いているWindows10Proに、Virtualboxをインストールした際のメモです。

Hyper-VとVirtualbox共存はできません。

ので、まずはDockerのSettingにある「Start Docker when you log in」のチェックを外しておき、Hyper-v無効にしておきます。(Hyper-vを無効にする方法はこちら

Hyper-vの無効化の時に再起動が必要なので、上記作業後、Dockerも停止してます。

また、ExtensionPackダブルクリックではなく手動でインストールしました。

スポンサーリンク

Virtualboxのインストール

こちらの公式ページからダウンロードします。

ダウンロードページを見ると、それらしいインストールファイルが2種類ありますが、「VirtualBox platform packages.
と「VirtualBox Extension Pack」の違いは、「本体」と「機能追加パック」です。

Virtualbox本体は「VirtualBox 5.1.24 platform packages.」です。
「VirtualBox 5.1.24 Oracle VM VirtualBox Extension Pack」は機能追加のエクステンションパックで、本体インストール後に、追加インストールするファイルです。具体的にはUSB2.0、3.0使えるようになる、といった機能追加です。詳しくはこちら

なので、まず本体のplatform packagesのファイルをダブルクリックしてインストールします。

インストール時の設定は全てデフォルトで問題ないようですので、そのままOKOKでインストール完了。

Virtualbox Extension Packのインストール

次に、Virtualbox Extension Packをインストールします。

ダブルクリックしたらVirtuaboxが起動して、ExtensionPackのインストールが始まる、と思ったら、無反応でインストーラーが起動しませんでした。

ので、手動(?)でインストールします。

  1. Virtualboxを起動したら、ファイル>環境設定を開きます。
  2. 「機能拡張」を表示したら、画面右側にある「新しいパッケージの追加」をクリックします。
  3. ダウンロードしておいたExtensionPackファイルを指定して、インストール開始します。
  4. ライセンス同意画面が出るので、同意書を最後までスクロールさせて、「同意します。」。
  5. インストールが進んで、完了。拡張パッケージ欄にExtensionPackが追加されています。

 - その他