左坊のメモ帳

WordPress など

*

WordPressを使ったブログの始め方

      2018/08/13

ワードプレスでブログを始めるための手順をまとめました。

スポンサーリンク

WordPressを使ったブログの始め方、5つの手順

WordPressでブログを始めるための大まかなステップは、下記のとおりです。

  1. 独自ドメインの取得
  2. レンタルサーバー契約
  3. ドメインとレンタルサーバーの紐づけ
  4. WordPressのインストール
  5. 完全SSL化

手順①:独自ドメインの取得

ドメインを販売しているサイトはたくさんありますが、どこも大きな差はありません。

ので、今使っているところやなんとなく名前を知っているところ、で大丈夫です。

無難なところは、ムームードメインです。

特にこだわりがないようでしたら、ムームードメインで取得しましょう。

≫ムームードメイン

ドメイン名はどうしたらよい?

ドメイン名は、なんでもよいと思います。日本語ドメインでもよいですが、普通の英語のドメインでも全く問題ありません。

日本語ドメインの方が検索結果で分かりやすく目立つのでSEO的に有利ともいえますが、SNSなどでリンクをシェアした時に文字化けする(正確にいうと「Punycode(ピュニコード)表記になる」)ので、避けたほうがよいと思います。

ドメインの末尾は色々ありますが、無難なところでは、.comドメインです。

ただ、分かりやすいドメイン名の.comはすでに誰かが取得していたりするので、ほしいドメイン名の取得できる末尾ドメインでよいです。

手順②:レンタルサーバー契約

初心者は「エックスサーバー」がおすすめです。

他にもロリポップやさくらインターネットが有名ですが、エックスサーバーはコスパがよくて安定しています。

おすすめは「X10プラン」。月額1000円で50万PVでも耐えられるくらいの性能です。

もちろん、無料独自SSLも利用可能で、「お試し無料10日間」が必ずついています。

≫エックスサーバー

手順③:レンタルサーバーでドメインの紐づけ

独自ドメインを取得し、エックスサーバーの契約ができたら、エックスサーバー上で独自ドメインの設定をします。

エックスサーバーには10日間の無料お試し期間がありますが、もちろん、お試し期間中でも独自ドメインの設定は可能です。

ドメイン設定方法の概要は下記のとおりです。

【エックスサーバーでやること】

  1. サーバーパネルにログインする
  2. ドメイン設定をクリックする
  3. ドメインの追加をクリックする
  4. 独自ドメイン名を入力する
  5. 「無料独自SSLを利用する」のチェックを外す(※後で設定します。)
  6. ドメイン設定の追加(確定)をクリックする
  7. サーバー情報をクリックしてネームサーバーをメモる

【ムームードメインでやること】

  1. ムームードメインにログインする
  2. ドメイン操作にあるネームサーバ設定変更をクリックする
  3. ネームサーバ設定変更をクリックする
  4. 「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」にチェックをする
  5. メモしたエックスサーバーのネームサーバー入力する
  6. ネームサーバ設定変更をクリックする

ドメインの設定は反映するのに時間がかかるので、しばらく待ちます。

最長で24時間くらいかかる、と表記されていることが多いですが、大体1時間もすれば完了すると思います。

手順④:Wordpressのインストール

エックスサーバーでは、簡単インストールといって、ワンクリックでWordpressをインストールすることができます。

  1. サーバーパネルにログインする
  2. WordPress簡単インストールをクリックする
  3. インストールするドメインを選択する
  4. WordPressのインストールをクリックする
  5. いくつかの欄に入力したら、インストール(確認)する
  6. 入力内容を確認してインストール(確定)する

手順⑤:サイトの完全SSL化

最近、2018年7月にリリースされたChromeバージョン68から、httpのサイトを「保護されていない通信」表示をするようになりました。

また、SEO的にもHTTPSのほうが有利ですので、Wordpressのインストールが完了したら、最初にSSL化設定を済ませておきます。

大まかな流れは下記のとおりです。

  1. エックスサーバーで独自SSL設定をする
  2. WordPress管理ページ内で2箇所変更する
  3. .htaccessでリダイレクトする

エックスサーバーで独自SSL設定をする

  1. エックスサーバーのサーバーパネルにログインする
  2. SSL設定をクリックする
  3. ドメインを選択する
  4. 独自SSL設定の追加をクリックする
  5. サイトを選ぶ(※サブドメイン追加していない場合、www.というURLを選択する)
  6. 独自SSL設定を追加する(確定)

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」はチェックしなくて大丈夫です。

設定が反映するまで、しばらく時間がかかります。(早ければ1時間程度で完了します)

WordPress管理ページ内で2箇所変更する

  1. WordPressの管理ページにログインする
  2. 設定をクリックする
  3. 「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」欄をhttpsに書き換える
  4. 変更を保存する

.htaccessでリダイレクトする

  1. エックスサーバーのインフォパネルにログインする
  2. 「ファイルマネージャ」にログインする
  3. ドメインをクリックし、「public_html」をクリックする
  4. .htaccessにチェックを入れて「編集」をクリックする
  5. 先頭部分に以下のコードを追加し、「保存」する
  6. <IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTPS} off
    RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
    </IfModule>

ブラウザを開いて、httpで始まるURLでアクセスすると、httpsにリダイレクトされて表示されるようになっているはずです。

画面キャプチャ付の「サイトの完全SSL化」手順はこちら。
≫エックスサーバーで無料独自SSLを設定する手順

≫エックスサーバーはこちら(10日間無料)へ

≫ワードプレスを導入したら、最初にやるべき7つの設定

≫WordPressインストール後にインストールすべきおすすめプラグイン7つ

 - WordPress