左坊のメモ帳

WordPress など

*

WordPressの記事公開に承認ワークフローを入れる方法

      2016/12/28

「Peter’s Collaboration E-mails」プラグイン

寄稿者が書いた承認待ち記事を、サイト管理者承認して公開する、という記事公開ワークフローを実装するプラグインです。

スポンサーリンク

記事承認ワークフローの流れ

  1. 寄稿者Aが記事(アイキャッチ画像も)を作成する(公開はできない)
  2. 作成したタイミングで管理者Bへ通知メールを送付する
  3. 管理者Bが承認して記事公開する
  4. 公開したタイミングで寄稿者Aへ公開済みメールを送付する

利用するプラグイン

  • Peter’s Collaboration E-mails:承認公開ワークフロー機能
  • Peter’s Post Notes:承認依頼メール、公開完了メール機能
  • User Role Editor:寄稿者にメディアアップロード権限を付与

承認フローを入れるだけであれば、Peter’s Collaboration E-mailsPeter’s Post Notesインストール有効化すれば、設定変更しなくても機能します。

Peter’s Collaboration E-mails

インストール、有効化します。

設定画面

  • 設定>公開承認ワークフロー

で細かな設定変更ができます。

設定変更しなくとも、デフォルトのままでも機能します。

その場合は、

  • 記事を書く人:寄稿者権限
  • 承認する人:サイト管理者

でユーザー登録します。

デフォルト承認者

サイト管理者(特権管理者)がデフォルトで承認者として設定されています。

グループ別承認者

例えば、寄稿者Zと寄稿者Yの作成した記事は、管理者Xが承認する、といったグルーピングを設定できます。

投稿タイプと分類別承認者

投稿タイプやカテゴリー別で承認者を指定できます。

その他のカスタマイズ
tde name of your blog, to appear in tde title of e-mails. Leave blank to default to tde site name witdin WordPress. メールの件名をカスタマイズできます。
E-mail address for tde person sending all e-mails. If left blank, tde sender is tde user performing tde action. メールの送信者アドレスをカスタマイズできます。
Name for tde person sending all e-mails. If left blank, tde name is of tde user performing tde action. メールの送信者名をカスタマイズできます。
Let tde contributor know who approved his / her post 承認された時に寄稿者にメールするかどうか指定できます。
Which roles on your site can only “submit for review” 承認申請できる権限グループを指定できます。
Which roles on your site can approve posts 記事を承認できる権限グループを指定できます。
Which e-mails to send メールを送信するケースを指定できます。
Set to pending for tde first time 最初に承認待ち記事を作成した時<
tdank tde autdor for tdeir submission when a post is set to pending 承認待ち記事を作成した時のtdanksメール(寄稿者へメール)
Goes from pending to immediately published 記事を公開した時
Goes from pending to approved at a set time in tde future 承認待ち記事を予約公開にした時
Goes back to draft status 承認待ち記事を下書きに戻した時(寄稿者へメール)
Goes from scheduled to be published to actually published 予約公開を手動で公開した時
Goes from private to published 非公開から公開状態にした時
Edited and commented on (using tde Peter’s Post Notes plugin) by someone who is not tde autdor, witdout having changed tde status プラグインの設定変更をできる権限を指定できます。

日本語化の方法

poファイルpoeditで編集してmoファイルを作成します。

  • peters_collaboration_emails-ja.po
  • peters_collaboration_emails-ja.mo

poeditのダウンロードはこちら

po、moファイルの場所

  • wp-content/plugins/peters-collaboration-e-mails/

です。

(バージョン 2.2.0)

Peter’s Post Notes

Peter’s Collaboration E-mailsだけでも通知メール飛びますが、メール本文には記事URLへのリンクだけです。そこで、メール本文文章を入れられるように「Peter’s Post Notes」をインストールします。

インストール有効化すると、記事作成画面の左カラムに「ノート追加:」欄が追加されます。ここに書いた内容が、通知メールの本文に入ります。

プライベートノートチェックを入れると、メールには入らず、寄稿者自身のみが見られるメモとして利用できます。

User Role Editor

寄稿者画像アップロードできるように権限変更します。

  1. ユーザー>User Role Editorを開きます。
  2. 役割を選択し、権限を変更:」欄で、寄稿者(contributor)を選択します。
  3. upload_filesチェックを入れて「更新」します。

ユーザー登録

上記インストール、有効化、設定が完了したら、記事を作成するユーザーを寄稿者権限で作成します。

 - WordPress