左坊のメモ帳

WordPress など

*

Googleアナリティクスのリファラスパム対策

      2015/07/13

リファラスパムをアナリティクス画面から除外したい!

カスタムディメンションを使用して、リファラスパム回避します。

このページでは

  • 「カスタムディメンションの設定方法」
  • 「トラッキングコードの編集方法」
  • 「ビューフィルタの設定方法」

の手順を記載してますが、内容については以下のサイトを参考にしました。

<完全版>リファラースパムをたった1つのフィルタで撃退する方法
https://sem-technology.info/google-analytics/referrer-spam-avoidance-new

スポンサーリンク

概要

カスタムディンションを作成した後、作成したコードを既存のトラッキングコード差し込みます。

カスタムディメンションの作成方法

  1. Googleアナリティクスにログインします。
  2. 「アナリティクス設定」画面を開きます。
  3. 設定するプロパティを選択します。
  4. 「カスタム定義」>>「カスタムディメンション」を開きます。
  5. 「+新しいカスタムディメンション」をクリックし、以下の項目を入力します。
  6. 名前:リファラスパム回避
    範囲:セッション

  7. 「作成」クリックします。
  8. 「作成したカスタムディメンション画面」になるので「完了」をクリックします。

トラッキングコードの編集

既存のトラッキングコードの該当箇所を以下のように修正します。

「既存コード」
  ga('create', 'トラッキングID', 'auto');
  ga('send', 'pageview');

「カスタムディメンションコード差し込み後」
  ga('create', 'トラッキングID', 'auto');
  ga('set', 'dimension1', 'Saboh Referrer Spam Avoidance');
  ga('send', 'pageview');

※’トラッキングID’には「UA-xxxxxx」というコードが入っています。

※’dimension1’には、作成カスタムディメンションの通し番号が入ります。初めて作った場合は1で大丈夫ですが、番号の確認方法は「Q&A」をご覧ください。

※’Saboh Referrer Spam Avoidance’は、何でもよいようです。

ビューフィルタの作成

  1. 「ビュー」>>「フィルタ」画面を開きます。
  2. 以下のとおり設定します。
  3. フィルタ名:リファラスパム除去
    フィルタ種類:カスタム、一致
    フィルタフィールド:リファラスパム回避(カスタムディメンション名)
    フィルタパターン:Saboh Referrer Spam Avoidance

  4. 「保存」します。

Q&A

カスタムディメンション番号の確認方法

「カスタム定義」>>「カスタムディメンション」を開きます。

インデックス欄の数字が番号です。

参考

<完全版>リファラースパムをたった1つのフィルタで撃退する方法
https://sem-technology.info/google-analytics/referrer-spam-avoidance-new

Googleアナリティクスのリファラースパムを95%以上回避する裏技
https://sem-technology.info/google-analytics/avoidance-referrer-spam

カスタムディメンションを設定する(Googleアナリティクスヘルプ)
https://support.google.com/analytics/answer/2709829?hl=ja

かステムディメンション/収集(Googleアナリティクスヘルプ)
https://support.google.com/analytics/answer/2709828?hl=ja#collection

 - Webサービス