左坊のメモ帳

WordPress など

*

フトカの無料独自SSLの設定方法と更新方法

      2018/06/18

フトカって独自SSL無料?設定方法は?更新は3ヵ月毎とか?という疑問にお答えします

早速答えですが、

  • 無料独自SSLあり
  • 設定は不要
  • 自動更新

です。

それだけ分かれば十分です、という方へ、>>FUTOKA(14日間の無料お試し)
【要注意!】の注意事項は最後に書いてます。

フトカサイトの最上部にある「無料独自SSL付き」


スポンサーリンク

独自SSLは無料で使えます

フトカサイトの最上部にある「無料独自SSL付き」の文字。

ただ、FAQをいくら探してもそれ以上の情報が見つからなかったのですが、オンラインマニュアルにありました。

「FUTOKAでは、独自ドメインやサブドメインをサーバーに設定いただくと、自動的に当該ドメインが無料でSSL接続可能になります。サーバーにドメインを追加後、SSL設定が反映されるまで最大3日程度かかる場合がございます」

独自ドメインを設定したら自動でSSL設定がされる、ということみたいでした。

SSLの設定は不要です

無料独自SSLを利用する方法は、

  • 独自ドメインをフトカのサーバーパネルで設定する

だけです。

その後自動でSSL設定がされるのですが、最大で3日ほど、待つ必要があるようです。

SSLの更新は自動更新です

自動更新です。利用者側で特に何もする必要はありません。

念のための確認方法です。

  1. コントロールパネルにログインする。
  2. サーバーパネルにログインする。
  3. cPanelにログインする。(左メニュー「アカウント」欄にあります。)
  4. 「SECURITY」欄にある「SSL/TLS Status」をクリックする。
  5. ドメインの右側に、以下の記載があります。
  6. AutoSSL Domain Validated
    Expires 有効期限年月日. The certificate will renew via AutoSSL.

ちなみに、フトカのサポートに問い合わせたところ、

「3ヶ月毎に自動で更新されますので、お客様による更新のお手続きは不要です。」

と教えてくれました。

SSL自動更新時の注意事項

独自ドメインSSLの自動更新時には一つだけ注意点があります。
それは、自動更新のタイミングで、独自ドメインのURLへ接続確認をするため、サイトへのアクセス制限をしている場合は、更新の時期だけ、一時的に解除する必要がある、ということです。

「※当該ドメインで接続確認を行いますので、FUTOKAサーバーに接続可能な状態にしていただくこと、およびアクセス制限などを設けられている場合、更新の時期には一時的に制限を解除いただく必要がございます。」(フトカのサポートより)

有効期限はcPanelから確認できますが、「更新の時期」がいつ頃なのか(有効期限の当日なのか、前日なのか)といった詳しいことは、サポートに問い合わせてみてください。

【要注意!】の注意事項

それは、

  • httpアクセスをhttpsアクセスへリダイレクトする必要がある、

ということです。

独自ドメインを設定したらSSLが自動で設定される、ということはつまり、サイトのURLがhttpとhttpsという2つのサイトアドレスができてしまう、ということです。

そのため、リダイレクトしておかないと、同じページがhttp版とhttps版の2つのURLでインデックスされてしまいます。

.htaccessを直接編集してリダイレクトする方法は、以下の記事で紹介していますので、よかったらご参考ください。


フトカサイトの最上部にある「無料独自SSL付き」

まとめ

・無料独自ドメインSSLはある。
・無料独自SSLは設定不要である。(独自ドメインを設定するだけ)
・自動更新である。

独自ドメイン設定したら、httpからhttpsへのリダイレクト設定をした方がよい。

フトカのサイトへ(14日間の無料お試し)

 - Webサービス